【トランプ大統領】15日に貿易と北朝鮮問題関連で重大発表 「とても完璧な声明になるだろう」

8pt   2017-11-15 07:00
にゅーすまとめ

1: 2017/11/14(火) 20:16:12.51 _USER9 北朝鮮の核をめぐる6カ国協議の米国首席代表を務めるジョセフ・ユン国務省対北朝鮮政策特別代表が14日に韓国を訪問する。北朝鮮が60日間挑発しなければ米朝対話を始められると話した米国の高官が奇しくも北朝鮮の挑発中断60日目となる日に訪韓するのだ。トランプ米大統領も近く北朝鮮関連の重大発表をすると予告していることから、本格的な米朝対話が始まるかに関心が集まる。

外交消息筋が13日に明らかにしたところによると、ユン特別代表は駐韓米国大使館主催行事などに参加するため14日に韓国を訪問する。訪韓期間中に李度勲(イ・ドフン)外交部韓半島平和交渉本部長と会い北朝鮮の核問題を話し合う。具体的に北朝鮮が2カ月間挑発しないでいる意味と北朝鮮を非核化交渉に引き出す案について意見を交換するという。

ユン特別代表は先月30日の米国外交協会(CFR)の行事で「北朝鮮が約60日間核・ミサイル試験を中断すれば、これは米国が北朝鮮と直接対話を再開する必要があるというシグナル」と話した。北朝鮮は9月15日に日本の北海道上空を通って太平洋方向に中距離弾道ミサイル(IRBM)を発射してからミサイルを撃っていない。14日は北朝鮮が挑発を中断してぴったり60日になる日だ。

60日目を前後して米朝対話の可能性を言及する発言が相次いで出ている。ティラーソン米国務長官は10日、「米国と北朝鮮はメッセージが行き来する2~3のチャンネルを稼動しており、互いが『そうだ、初めて対話をする時になった』という日がくるだろう」と予想した。2日後にトランプ大統領は自身のツイッターアカウントに「私は金正恩(キム・ジョンウン)と友人になれる」と書いた。

トランプ大統領はこの日東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議が開かれたフィリピンのマニラでオーストラリアのターンブル首相、日本の安倍晋三首相との3カ国首脳会談に先立ち、記者らに北朝鮮問題などを含むアジア歴訪の成果と関連し「重大な声明を発表する」と明らかにした。トランプ大統領は「ホワイトハウスに戻れば水曜日のうちに声明を発表する。貿易と北朝鮮、そして多くのその他のことに関するとても完璧な声明になるだろう」とした。トランプ大統領が北朝鮮に関してどのような立場を発表するかは具体的に明らかになっていないが、北朝鮮をテロ支援国に再指定する問題が含まれる可能性があるとABC放送は予想した。この場合対話の可能性まで議論されてきた北朝鮮の核問題の局面は再び緊張状況に転じる可能性を排除することはできない。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

配信11/14(火) 11:49
中央日報
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7771544&name
   ニュースアンテナトップページへ
ニュースの話題が沢山。