iPS細胞応用の心臓治療を初実施へ 国の審議会が了承

3pt   2018-05-16 11:51
NHKニュース

体のさまざまな組織になるiPS細胞を使って重い心臓病の患者を治療する、大阪大学の臨床研究が16日、国の審議会によって了承されました。iPS細胞を使った心臓病の治療の研究は、世界で初めてだということで、研究グループは、今年度中にも1例目を実施するということです。
   ニュースアンテナトップページへ
ニュースの話題が沢山。