iPS細胞 パーキンソン病患者に臨床試験手術 世界初 京大

3pt   2018-11-09 12:52
NHKニュース

体が動かなくなる難病のパーキンソン病の患者にヒトのiPS細胞から作り出した細胞を脳に移植する臨床試験の手術を、京都大学のグループが世界で初めて実施したと発表しました。グループは今後、さらに6人の患者に実施して安全性や有効性を確かめたうえで、保険が適用される一般的な治療法にすることを目指す計画です。
   ニュースアンテナトップページへ
ニュースの話題が沢山。